記事一覧
求人一覧

「医師女史」のおすすめ記事



医師の重要性


これから日本は少子高齢化の時代がやってくると言われています。少子高齢化とは、若年層の人口比率が減ってゆき、高年齢層の人口比率が増えてくるという現象です。少子高齢化現象が進んでくると、医療や介護の需要が増えてくることが考えられます。医療・介護業界は、今でも人手が不足しており、人材確保に一生懸命な機関が多いです。それが、今後は更に需要が高まってくるのです。

医療や介護の需要が高まってくるということは、医師の需要も増えてくるということです。医師は、人の命を助けるという非常に重要な職業です。将来の職業を悩んでいる方がいらっしゃれば、思い切って医師になるという選択を選ぶことをお勧めします。医師は必ず世の中に必要な存在ですし、日本全国どこでも需要があります。

知識や経験を積んでゆけば、自分で独立開業医として活躍することも夢ではありません。人の役に立てる素晴らしい仕事であり、同時に高額の収入を得ることもできます。





-医師女史-

医師の年収について

2013-03-07 12:59

高齢化が急速に進むにのと同時に、日本人の平均寿命もどんどん延びています。ひと昔前では、病院は病気になってから行くところでしたが、現在では、前もっての検査で病気やその原因を早期に発見し、生涯健康に過ごせるようにという意味あいに変わってきました。

近年がん患者が増え続ける理由の一つにも、日本人の高齢化があります。人は老いることでどうしても体力がなくなり免疫力も低下してゆきます。長寿社会になったことで、体力や免疫力の低い高齢者は、病気になりやすいので、病院を受診することが多くなり、さらに近年の予防医学の側面から、病気にならないようにというために、定期的な検査を繰り返すことになります。

今までに治らなかった癌などの疾病でも、高度な先進医療で治るようになったり、最新の治療器やロボット利用し遠隔操作で治療するハイテク医療、さらにはワクチンを用いた代替療法と、日本の医療技術は世界の中でも、トップレベルとなってきました。






「医師の年収について」の続きを読む